Sideshow@RAG
余興・出し物をもっと楽しむWebマガジン
menusearch
最終更新日:|286,373 view

盛り上がる宴会芸。宴会・飲み会でおすすめの余興・出し物【2019】

会社での歓迎会や送迎会、仲間との忘年会や新年会、二次会や同窓会……などで「なにか芸をやってよ!」と突然お願いされることはないでしょうか。

「そんな突然やれって言われても、なにも準備していないし……」

「やってウケなかったらどうしよ……」

となることって人生の中で経験したことある方も多いはず。

逆にそういうときにパッとできる人を見かけたときに「すごい!!!尊敬する!!!」となりますよね!

宴会芸でのポイントは以下の3つ

  • モノがなくてもできる、もしくはその場にあるモノでできる
  • 豊富なレパートリーのために練習をしておく
  • 笑わすだけではなく驚かせることも宴会芸

以上のことを頭に入れておくとよいでしょう。

ここでは、宴会芸にふさわしいネタをオススメ順で紹介していきます。

飲み会などでもできるネタから紹介しておりますので、すぐ披露する機会もあるはず!

ネタを動画でチェックして練習していきましょう!

もくじ

盛り上がる宴会芸。宴会・飲み会でおすすめの余興・出し物【2019】

身近なアイテムで披露できるのが宴会芸

まずは簡単にできるネタ、とくに居酒屋などでの飲み会でも披露できるようなネタを紹介します。

飲み会の席なら必ずあるようなアイテムを使うネタを練習しておけば「あっ!」と驚かせられることでしょう!

「その辺にあるものでパッとやりました」感を演出できるとクールでより盛り上がりますね!

ハイキングウォーキングの宴会芸3選

もはや名人芸ですね。

ハイキングウォーキングの宴会芸です。

目隠しをして傘をよける、すねに貼られたガムテープを剥がされても口にくわえたハーモニカが鳴らない、ヘリウムガスを吸っても声を変えずに歌える。

この3つですが、どれも失敗が前提の宴会芸です。

安心して笑いが取れる素晴らしい宴会芸ですね。

ペンがお札を貫通

みなさん一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

ペンがお札を貫通するマジックです。

お札の片方を内側へ三角形に折り込む、というのがタネ。

それを本当に貫通しているかのように見せます。

トリックをしっかりチェックしておきましょう!

わりばしマジック

こちらは、わりばし1本で誰でも簡単にできちゃうマジックです。

仕組みは簡単なのですが、お酒の場なら意外にばれないかも?

周りの人たちに挑戦させてみるのも楽しそう。

みんなで一緒に盛り上がりたくなる出し物です。

コインの瞬間移動

両手に1枚ずつ持っているコインが気付いたら片方の手に集まっているマジック。

少し練習が必要ですが、やり方は片方のコインをもう片方に投げるだけ!

動画を見ていただけたらわかりますが、意外に気づかれません。

ぜひ練習して、宴会を盛り上げましょう!

マッチ棒が貫通

用意するのはマッチ棒2本だけ!

多少練習は必要ですが、うまくできれば驚かれることまちがいなし!

やり方もとても単純で、片方の指にマッチ棒の頭を食い込ませ、ぶつける瞬間に離すだけ。

単純がゆえにバレないようにするのが難しいですが、ぜひ練習してみてください!

輪ゴムマジック

2つの輪ゴムをからませ、一見固く結ばれているように見える状態から、あっという間にほどいてしまう手品です。

この動画はそのタネ明かしをしているものです。

理屈さえわかってしまえば誰でも手軽にでき、注目を集められるのではないかと思います。

おはしを使った超能力

おはしをクロスに置いたら、おはしが回りだすというもの。

使っているのはなんと風力!

息をフーっと吹きかけるだけです!

シンプルすぎるタネが逆にバレにくいかも。

簡単にできるのでぜひお試しください!

宙に浮くみかん

みかんを親指に刺し、宙に浮いているかのように見せる一発芸です。

お客さんには、かならず正面から見てもらうようにしてください。

少しでも角度がずれると、致命的です。

とにかくやり方は簡単。

手品に引き込むかを意識しましょう。

コップ消失マジック

新聞紙で包んだはずのコップが消えてしまう、というマジックです。

新聞紙でうまく死角を作り出し、そこにコップを隠す。

文章で説明するだけだと簡単に思えますが、相手にバレないようにするのはちょっと練習が必要です。

ハンカチマジック

ただのハンカチからペンが出現するマジックです。

とても簡単なトリックで、ハンカチを持っていないほうの手にうまくペンを忍ばせておき、バレないようにハンカチの裏にもっていくというもの。

芝居勝負ですね。

決してペンを持っている手に視線を向けてはダメだそうです。

バレないようにがんばってください!

おすすめの記事あわせて読みたい